くだらないプライドなんて捨ててしまえ

見栄とプライドだけで入社した大企業を速攻で辞めた筆者が、関西からベンチャーについてのあれこれを綴ります。

ブログ開設しました。

初めましての方も、そうじゃない方も。

スローガン株式会社 関西グループの川村拓也です。奇しくも、この小さな組織においてなぜか川村が二人もいるのですが、拓也の方の川村です。

 

この年の瀬という微妙なタイミングですが、急遽ブログを始めることにしました。きっかけは、弊社代表・伊藤が社内外に「ブログ書いた方がいいよ、ブログ」と連呼していたことです(時代はブログだと思う。:スローガンを持って生きよう 伊藤豊(スローガン社長)ブログ - livedoor Blog)。

正直、最初は「ブログって価値あるのかな」と疑っていましたが、考えてみれば有益な情報の多くはブログに蓄積されています。手前味噌ですが、弊社が今年リリースしたニュースアプリ「Goodfind News」でも、選定記事の多くがブログから選ばれています。

↓↓↓

news.goodfind.jp

また、『もはや日記とかそういう次元ではない』や『ベンチャー就職日記』のように、1つのエントリーでバズる事例もあり、SNSの拡散力を手にしたときのブログの威力には底知れないものがあります(もちろん、炎上する可能性もありますが)。

 

対外的な価値以外にも、自分の考えをアウトプットして蓄積するというブログ本来の価値もバカにできないと思います。スローガンに入社してちょうど2年が経ち、その間に大量のインプットと思考を繰り返してきました。普段、学生向けのセミナーや面談でアウトプットする機会はあるのですが、蓄積ができないので社内外に対してその知識や考えを共有することができません。その点、学生からいただいた質問や、日々キャリアについて感じたことをブログという形で残しておけば、ナレッジシェアをするコストを削ることできます。

 

ブログの価値を挙げればキリが無く、キリが無いならやろうじゃないかということで、伊藤に「ブログ書きます」と宣言し、今に至ります。ブログはアメリカ留学中に日記代わりに書いていたとき以来二度目で、オープンに書くのは初めてです。ベースは個人として考えたり感じていることを書きつつ、共同執筆という形で弊社のコーポレートブログにも関西の情報を寄稿していく予定です(更新は不定期)。

 ↓↓↓コーポレートブログはこちら

blog.slogan.jp

 

最後に、この中二病くさいブログのタイトルについてですが、実はこれ、私の名刺の裏に書かれているMy Sloganなのです。弊社の社員の名刺の裏には、各々の大切な言葉を記載されています。このMy Sloganだけで記事が書ける気がするので、なぜこのタイトルにしたのかについてはまた別の機会に。 

 

読んでくださる全ての人にとって少しでも学びになるような情報を発信していくつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。