くだらないプライドなんて捨ててしまえ

見栄とプライドだけで入社した大企業を速攻で辞めた筆者が、関西からベンチャーについてのあれこれを綴ります。

「合説が無駄」なんじゃなくて、「無駄な合説の使い方」をしているだけ

最近、セミナーや面談をしていると、「合説って行く意味あるんですか?」というご質問をいただくので、私なりの回答しておきたいと思います。
言いたいことはめっちゃわかります。かくいう私も、就活生の時は合説なんて無駄だろと思ってせいぜい学内合説しか参加しませんでした。
 
しかし結論から言うと、使い方を間違えなければ合説は非常にコスパの良いイベントです。
 
合説の一番の魅力は、「半強制的に」知らない企業やビジネスを知ることができること、これに尽きると思います。この「半強制的に」がポイント。
 
人は、基本的に自分が認知できている事と、その周辺領域しかググッて調べることはできません。つまり、見たことも聞いたこともない情報は、自分一人では取得することができないのです(絶対ではない)。
 
裏を返せば、自分の「興味があること」は、いま自分が認知している事の延長でしかありません。ということは、業界や企業は合説に行かずに自分で調べるよ、という人は、これまでの20数年間で蓄積した過去の情報からこの先の人生を決めるよ、と言っているのとほぼ同じなのです(少なくとも就活についてはそう)。
 
でも、それって視野狭くないですか?
 
せっかく、これまで自分が知り得なかった新しい世界をタダ(交通費除く)で知ることができる機会なのに、その可能性を除外して現在の自分の知識をベースに企業を探していくとしたら、それは非常にもったいないことだと個人的には思います。
 
世の中には、普通に生きていたらまず出会うことはないけど、「その発想はなかったわ」と思わず唸るような面白いビジネスがたくさんあります。いくら自己分析をしても絶対に出てこない発想を持った企業やビジネスがたくさんあります。その可能性に気付くためには、既知の枠組みから外れて情報を取得する必要があります。
 
その点、合説というのは、「半強制的に」既知の枠組みから自分を外すことのできる最適な場所です。なぜならば、そこにはおそらく、見たことも聞いたこともない企業がブースを構えているからです。
 
間違っても、わざわざ合説に行ったのに既に知っている企業の話を聞きに行ったらダメですよ。これが私の言う「無駄な合説の使い方」、知っている会社のブースに行くならあまり意味はありません。知っている企業はその時点で認知できているので、それこそググるなり個別の説明会に行きましょう。
 
逆に、参加企業のラインナップを見て「何だこの会社、知らない」という企業が参加していたらぜひ行ってみてください。その企業は、自分ではググることすらできない企業ですので。
 
そして新しい企業、新しいビジネスを知ったら、家に帰ってググるなり説明会に行くなりしてみてください。合説はあくまで認知の場なので、続きはWebか説明会へ、というのが王道です。
 
Goodfindも、来る3/19(日)に合説を開催します。
他の合説では実現しない、Goodfindならではの講演や企画が目白押しです。
 
リクルートでもグーグルでもMVPやNo.1セールスを獲得するスーパーマンの講演
・日本のAI・ロボットビジネスを牽引するテクノロジー企業の代表の講演
・元戦略コンサル、現経営者・投資家による選考対策
 
などなど、いかにも尖っていそうな感じのコンテンツをご用意しています。
ぜひ、検索不可能な情報を求めて遊びに来てください。